head04 head05 head03

自分でやる引越し:トラックと運転手をチャーターできる

■トラックのチャーターで引越し最安値に挑戦
運転手付きのトラックを利用する引越しです。
軽貨物業者による引越しと違い、大型トラックの利用も可能なので、荷物の量に制約されずに利用できるサービスです。
このサービスを行っている業者は2つのタイプがあります。
一つは、ヤマトホームコンビニエンスやSGムービングといった運送業者がサービスの一環として行っている場合で、おなじみのブランドマークが付いたトラックが指定時刻に到着して、引越し先まで荷物を運んでくれます。
「引越チャーター便」「チャータープラン」などと呼ばれています。

もう一つのタイプは、プロスタッフのように、専門業者が軽トラックから4t車まで荷物の量によって使い分けて運搬するサービスです。
いずれも、荷物の量や移動距離による明快な料金システムを採用しています。

■引越しでトラックチャーター便を利用するメリット
・レンタカーのトラックを運転しなくても自分で引越しができる
普段運転し慣れないトラックを引越しの時だけ運転するのは気が重いという人にとって利用価値のあるサービスです。
・1人で運搬できる大きさの荷物は運転手が積み下ろしをしてくれる
レンタカーの引越しは、すべて自分でやらなければいけませんが、チャーター便のトラックは、運転手が荷物の積み込み作業にも対応しています。
・資材のレンタルもあり
軽貨物自動車による引越しは梱包をしてくれませんが、トラックのチャーター便は、あらかじめ打ち合わせしておけば、毛布やハンガーボックスなどを用意してくれます。

■トラックのチャーター便による引越しを頼む際の注意点は?
・大型の家財道具がある場合は手伝いが必要
トラックの運転手が行うのは、荷物の積み込みと積み下ろしで、家財道具を室内からトラックに運搬するのは自分でやらなければいけないので、運搬に必要な人手を確保できる人が利用できるサービスです。
・オプションを付けると割高な引越しになる可能性がある
基本的に提供するサービスは、荷物の積み込み・積み下ろしと指定場所への移動のみで、人員をオプションで追加すると、他の引越し方法を利用した方が安くなる場合があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ