head04 head05 head03

業者選びのポイント:料金で選ぶ

引越しの見積もりを比較する際には、トラック1台分の料金、距離に応じた運送料、作業員一人当たりの実費など、項目ごとに比較すると、「運賃は高いが作業員の実費が安い」というように、業者ごとの特徴が見えてきます。

■近距離への引越しはプランの選択によって値段に差がでることも
近距離に少量の荷物と共に引越しをする場合は、一般的な引越しのパッケージプランを使う以外にも、軽貨物車で運んだり、チャーター便を呼んで運送してもらうなどの方法を選ぶこともできます。
運転技術と体力に自信がある人なら、レンタカーによる引越しも可能です。
一般に、自分で作業を多くするほど安く引越しができるイメージがあるので、レンタカーの引越しが一番やすい気がします。
しかし、近距離への引越しの場合は、プランによってはレンタカーではなく業者を利用した方が安いこともあるので、いろんなプランを比較して一番安い業者を選びましょう。

■料金を安くしたかったら荷物を減らす
引越しの基本は「荷物が少ないほど安く引越しができる」です。
引越し料金を節約したかったら、引越しを機に「断舎利」をして不要品を思い切って処分するのも良いのではないでしょうか?
たとえば、引越し業者から4tロングでなければ積みきれないと言われた場合、買い替えを検討している家電を処分して現地で買いかえれば4tトラックに積みきれることもあります。
トラック料金の差額で家電が買えることもあるので、荷物をどのように減らすか、家財道具は何を現地まで持っていくか、十分時間をかけて考えると、無駄なお金を払わずに賢い引越しができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ