head04 head05 head03

引越し料金の値引きはどう考える?

引越し業者の見積もりは、値引き交渉を前提としていることが多く、最初に提示される見積もりは名目ではないか?と疑ってかかる人も多いと思います。

ファミリーの引越しや荷物の多い引越しの場合は、値引きを前提とした名目の見積もり金額がまず提示され、その後本格的な料金交渉に入るというのが一般的な流れです。
一方、単身者向けの引越しパックで、荷物の容積や輸送距離ごとに料金が明確に決まっている引越しは、ほとんど値引き交渉の余地はないと考えた方が良いでしょう。

■値引きをする業者としない業者の見分け方
大手の引越し業者はほとんど値引きをしないと言われますが、業者の規模と値引き率にはっきりとした相関関係があるわけではありません。
多くの場合、引越し料金の値引き交渉ができるのは引越し専門業者です。
引越し専門業者は、事業の収入の柱が引越しですから、少しでも受注を増やすために努力を怠りません。
そのため、値引きをしてでも売上を伸ばそうと、他社の見積もりに対抗して値引きをしてくれる可能性が高いのです。
スーパーマーケットの特売のように、日にちや曜日で料金を割り引くサービスも、引越し専門業者が得意とする手法です。
その点、運送会社が事業の一環として引越しを手掛けている場合、引越しは主力事業ではないので、目の色を変えて値引きをする必要はないわけです。
引越し料金を安くあげたいという人は、引越し専門業者を選んで、値引き交渉をしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ