head04 head05 head03

引越しの見積もりを取ってから契約までの流れ

引越しをすることが決まって見積もりを取るところから契約までの流れを説明します。

■できるだけたくさんの引越し業者から見積もりを取る
引越しの見積もりを取るだけならタダです。
電話やメールで、時間の許す限りたくさんの引越し業者から見積もりを入手しましょう。
この時点で受け取る見積もりは簡易見積もりなので、その中から条件が良い業者を何社か選んで、本見積もりを取る準備をします。

■ピックアップした引越しに訪問見積もりを依頼する
簡易見積もりを入手した時点で、それぞれの業者で料金やサービスに差があることがわかってきたと思います。
でも、その中で最安値に即決しないでください。
営業マンに実際に引越しする場所を見てもらう訪問見積もりが最終的な見積もり料金になるので、訪問見積もりを終えるまで、引越しにいくらかかるかは、まだわかりません。
最終候補に残った引越し業者数社に訪問見積もりをしてもらいましょう。
特に、エレベーターがない、出入り口の間口が狭いなど、搬出・搬入経路の難易度が高い引越しや、ピアノや大型家具の吊り作業が必要な引越しは、訪問見積もりが必須です。

■即決しないで複数の見積もりをじっくり比較
最終候補に残った数社の見積もりを比較してください。
即決したら値引きしますと言われても気にしないで、いったん見積もりを預かりましょう。
金額にほとんど差がなかったら、以下のポイントも判断材料に加えて、契約する業者を決めましょう。
・担当営業マンの接客態度が良いか?
・破損や紛失などのトラブルが起きた場合の対応がしっかりしているか?

■小規模の引越しは電話見積もりで済む場合もある
単身者の引越しで荷物が少ない場合や、数点の家具だけを移動する引越しなどは、荷物の容積や点数、移動距離などがわかれば正確な見積もりが計算できるので、電話見積もりだけでOKの場合があります。
電話見積もりと訪問見積もりは、荷物の量で使い分けましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ