head04 head05 head03

業者選びのポイント:保証で選ぶ

■引越業者の言う「保証」とは?
引越し業者の多くは、引越しで家財道具に破損や紛失が生じた場合に保証するサービスを行っています。
これは、引越業者が「運送業者貨物賠償責任保険」に加入して、万一事故が起きた場合は、損害保険会社が損害を賠償してくれるシステムです。
依頼人は、引越しのために自分で直接契約しなくても保険会社と保証を得られるというメリットがあります。
保証制度が明快な引越し業者を選ぶことが、自分の家財を守ることにつながります。

■一般的な保険の補償範囲
補償される事故は、輸送トラックが事故を起こして生じた破損、落下などで生じた破損、水漏れ、盗難などによる破損です。
ただし、業者に過失がない追突などの交通事故や、地震などの天災で破損した場合や、引越し業者以外の者の梱包作業で破損した場合は、補償の対象になりません。

■引越し業者の補償は限度額がある
引越し業者による保証は、対象物によって限度額が設けられています。
以下のものは保証額に上限があるので、別途自分で保険をかけておいた方が良い品々です。
・・宝石、宝飾品、貴金属製品、美術品、骨董品、動物、植物、生鮮食料品、自転車、バイク、
なお、現金や株券などの有価証券は保証の対象になりません。

■破損や紛失に気付いたら速やかに業者に連絡する
引越し作業後、時間が経つと保証の対象にならない可能性があるので注意しましょう。
たとえば、引越し業者最大手のアート引越しセンターの見解は、3カ月以上連絡をしない場合は責任を負いかねるとのことです。
3か月はあくまでも一つの目安であり、引越し完了後に破損や紛失に気が付いたら、破損状況を写真撮影するなど記録を取ってから、できるだけ早く引越しを担当した支店に連絡を入れて状況を説明しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ