head04 head05 head03

引越し業者のキャンセルって料金はどうなるの?

引越し会社と契約した後でこちらの都合によりキャンセルした場合は、キャンセル料金が発生する場合があります。

引越し業界では「標準引越運送約款」が定められています。
・引越し前日のキャンセル(解約・延期)は引越料金の10%以内
・引越し当日のキャンセル(解約・延期)は引越料金の20%以内

引越しの見積書にはその引越し業者の「引越し運送約款」が載っているので確認しておきましょう。
この標準約款を見ればわかる通り、引越し前々日より前のキャンセルなら、キャンセル料は発生しません。
契約後、キャンセルするまでに引越し業者が払った費用については、キャンセル料にプラスして依頼人が払うよう請求されます。

たとえば、引越し業者から受け取った段ボール箱やガムテープなどの資材に関しては、別途費用を請求される可能性があります。
未使用の段ボールがある場合は、元払いで引越し業者に返済するなどの手続きが必要になります。

■引越しの2日前には業者から確認がある
引越し予定日の2日前になると、引越し業者は依頼人に電話をして引越しの予定が見積書の内容通りかどうか確認する義務があります。
もし、この義務を引越し業者が怠った場合、つまり引越し予定日の2日前になっても引越し業者から連絡がなかった場合は、予定日の前日や当日に引越しをキャンセルしても、キャンセル料を払う義務はないとされています。

■キャンセルではなく引越し日の延期でキャンセル料の支払いは必要?
引越しをキャンセルするのではなく、引越し日を延期したいという要望の場合、キャンセル料を払うかどうかについては業者によって対応が異なります。
引越しの予定が変更したかったら、早めに業者に連絡をすればヤンセル料の心配をしなくて済みます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ